頭の形、矯正、発達障害、学習障害、おねしょ、夜泣き、中耳炎、産前産後のケア、整体

赤ちゃんがカイロプラクティックケアを受けるべき理由

HOME健康問題の予防

出産は、母にも子にも大きな負荷がかかります

人間にとって妊娠・出産は自然の営みで、それはリスクと隣り合わせです。 医学の進歩により先進国での死産率、乳児死亡率は減少しましたが、たとえ妊娠期間に問題がなくても、出産のときに何らかのトラブルが起こる可能性はゼロではありません。 赤ちゃんがお母さんのお腹の中から出てくるためには、お母さん自身のいきみも必要です。赤ちゃんは狭い産道を通って出てこなければならないので負担も大きいです。胎児がなかなか出てこない場合には鉗子や吸引を使って赤ちゃんが牽引されることもあります。

予防/出産外傷/泣きやまない/コリック/三ヶ月疝痛/夕暮れ泣き/夜泣き

Dr.Duncan の研究では、赤ちゃんが出てくるためにかけられる引っ張りは30kgの力に相当し、脊髄がダメージを受けて健康問題を起こすのには40kgに満たないくらいの力で十分だと報告しました。
ハーバード大学医学部のDr.Towbinは、8人の亡くなった乳児の解剖をしたところ内7名に脊髄損傷がみられ、SIDS(乳幼児突然死症候群)が脊髄損傷によって起こった可能性を指摘しました。 また彼は、アメリカの脳性麻痺学会で、たとえ通常の分娩であっても分娩とは胎児に外傷や障害をもたらし得る出来事であること、脊髄・脳幹の障害は出産時によく起こるが見逃され診断がつけられないことがしばしばあるだろうということを報告しました。

つまり、赤ちゃんは分娩の過程で脊髄を損傷したりする外傷のリスクがあり、それらによって呼吸障害・麻痺などいろいろな健康問題をもたらす可能性があるということです。 分娩時には大きな力で引っ張られたりするので、脊髄損傷のように重度でなくとも外傷が起こる可能性も高いでしょう。

トラウマティックバースシンドローム(出産外傷症候群)

出産外傷は、脊髄や神経を傷つけるほど重度のものから筋肉のわずかな損傷のような外傷まで、大小さまざまな程度で起こり得ます。 ドイツのDr.Gutmann は1000人の子どもを調査し、子供の80%が自律神経のバランスがとれておらずさまざまなタイプの健康問題に苦しんでいると報告しました。 赤ちゃんは無事に生まれればイコール健康というわけではありません。実に多くの赤ちゃんが出産の時に何らかの外傷を受けると考えられます。出産による外傷は赤ちゃんの神経システムの不調をもたらし、それは様々な健康問題の素地になると考えられます。このことを、トラウマティックバースシンドローム(Traumatic Birth Syndrome:TBS) と呼びます。

多くの赤ちゃんがトラウマティックバースシンドローム(TBS)によるさまざまな健康問題を抱えていると考えられます。TBSによって起こりうる健康問題を挙げてみます。生後何年も経ってから影響が出てくる場合もあります。

斜頚 斜頭症 側彎 コリック(ぐずる・泣きやまない) 繰り返す中耳炎 喘息 アレルギー
慢性的な風邪や感染症 かんしゃく 多動・ADHD 睡眠困難 頭痛 頸部痛 背部痛
てんかん発作 チック 成長痛 など

予防のためのカイロプラクティックケア

たとえ小さな外傷であっても、体がそれをかばう負の連鎖がはじまります。痛みを感じていなくても健康そうに見えても、それは赤ちゃんの神経システムが正常に働いてベストな健康状態にあるかどうかの証拠にはなりません。生後1ヶ月になったら早めに小児専門のカイロプラクターによる施術を受けるべきです。

カイロプラクティックケアでは、赤ちゃんの分娩による外傷、環境の変化や精神的ストレスによる神経システムの不調を最適化し、健康力を引き上げます。神経のシステムを最適化することは、体と心がが正常に機能するのを助け様々な健康問題を予防することが期待されます。 赤ちゃんの健康を高め病気を予防するために、ヘルシーライフセントラルでカイロプラクティックを受けましょう。

よくある質問(クリックしてください。)
カイロプラクティックは危険ですか?
赤ちゃんがカイロプラクティックを受けても安全ですか?

 

頭の形、矯正、発達障害、学習障害、脳性麻痺、自閉症、障害、ADHD、多動、不器用、おねしょ、小学生のおねしょ、修学旅行、おむつ、とれない、おねしょ、夜泣き、泣きやまない、ぐずる、中耳炎、くり返す、産前産後のケア、カイロプラクティック、治療、整体、頭の形、矯正、発達障害、学習障害、夜泣き、中耳炎、妊婦、骨盤、産前産後のケア、整体

▲ページトップに戻る