こどもさんのポテンシャルを引き出す治療院

当院は、日本初のこどもさんのケアに特化したカイロプラクティック治療院です。

乳幼児期には心身共に発達し、また周囲の環境も変わりやすい時期です。この人生の最初の数年間が生涯の健康の基盤にもなりえます。この時期にカイロプラクティックケアを受けることで、神経の働きが最適化しより良い発育を促します。そして、こどもさんのポテンシャルを最大限に引き出します。

健康とは、単に病気でない状態のことを意味しません。また、病気であるからといって健康でないとうことにもなりません。

私は、特に大きな病気にかかったことはなくどちらかといえば健康でした。小学生4-5年生から肩こりがひどく頭痛もありました。もちろんレントゲンを撮っても異常はないのですが、症状はつらかったのです。もしその時にカイロプラクティックを受けていたら、きちんとしたケアを受けていたら、頭がすっきりして勉強に集中しやすくなったり運動能力がアップして、もっと自分本来の能力を発揮することができたのではないかと思うのです。過去に戻ることはできませんが、今のこどもたちが最善の道を歩めるようにカイロプラクティックを通して役立ちたいと願っています。

何かの疾患を抱えている方の場合でもそうでなくても、病気そのものだけでなく環境や食事などさまざまな要素が体調に影響を与えます。同い年の子と比べて発達が遅れていると感じて病院に行っても異常はないと言われる方もおられると思います。その他、風邪をひきやすい、よく転ぶ、落ち着きがない、などもお気軽にご相談ください。

カイロプラクティックケアは決して西洋医学的治療に取って代わるものではありません。カイロプラクティックが魔法のように何でも治せる治療法ではありませんが、身体の歪みを整え神経の機能を改善することによって健康を増進する可能性があります。

決して大きく立派な治療院ではありませんが、リラックスしていただける居心地のよい空間です。お越しいただいた患者さまがより健康になり喜んでいただける治療院を目指しています。こどもさんだけでなく、大人の方も多く来院されます。まずは、お気軽にご相談ください。

3つのポイント

患者さまの立場に立った対応

なるべく早く少ない回数で健康増進していただけるよう努めています。また、きめ細やかなカウンセリングと日常生活・エクササイズ・お食事についてのアドバイスをしています。不安なこと・わからないことを気軽に相談していただけます。

WHO基準の教育を受けたカイロプラクター

日本にはカイロプラクティックタ―が3−4万人いると言われていますが、定められたWHO基準の教育を受けた者はそのうちのたった2-3%です。WHO基準の教育では4200時間以上かけて医学部とと同等の教育を受けます。当院ではWHO基準の教育を受けたカイロプラクターが安心・安全な施術を提供します。

小児専門のカイロプラクター

’子どもは大人のミニチュアではない’という小児科学の格言があります。子ども特有の健康問題に対応できる日本では数少ない小児カイロプラクティックの専門家が担当します。

スタッフ紹介 ‐院長のプロファイル‐

臼田 純子 【 B.App.Sc/B.C.Sc : 応用理学士/カイロプラクティック理学士】
JUNKO USUDA