赤ちゃん、こども、幼児、小学生、頭の形、頭斜, 矯正、発達障害、学習障害、おねしょ、夜泣き、中耳炎、産前産後のケア

おねしょ/夜尿症

HOMEコリック

おねしょ/夜尿症とは

発達の具合には個人差がありますが、3歳くらいまでに夜おむつをしないで寝れるようになるということは発達の目安になっています。5,6歳になっても月に2回以上・7歳以上では月に1回以上、夜寝ている間に下着やおむつに排尿してしまうことをおねしょ、夜尿症といいます。

おねしょ/夜尿症/遺尿症

5,6歳児の10-15%(本によっては20%)、10歳児の5%が夜尿症であるといわれ、決してめずらしい症状ではありません。就学児では年10-15%のお子さんが自然治癒するといわれています。つまり、夜尿症は治るまでに時間のかかる子もたくさんいるということになります。ほとんどのケースは15歳までにみられなくなりますが、成人になってからも夜尿症が続く場合もあります。

おねしょ・夜尿症は、他人には相談しにくく、当事者でないと実際の苦労や悩みはわからないという面もあるかと思います。成長の過程でなくなるお子さんがほとんどですが、治るまでに時間がかかるケースが多く子どもさんにも親御さんにも大きな負担をかけます。子どもさんは恥ずかしさを感じますし、まわりの友達にも言えない秘密を抱えます。キャンプ・旅行・お泊り会や修学旅行などにも影響が出ます。また、叱られることによって自己評価が低くなったり親子関係がぎくしゃくしてしまうこともあります。親御さんは、お子さんの健康や成長が心配になりますし、朝の忙しい時間におねしょの処理をしたりと、精神的にも肉体的にも大変かもしれません。

おねしょ/夜尿症の原因

おしっこをする、ということは膀胱・腎臓・脳・筋肉・ホルモンのの働きなど複数の臓器の連携プレーによってかなえられます。どれか一つの働きに支障があれば排尿のシステムは影響されます。この排尿システムの確立には生後の数年間がかかります。多くは発達が遅れていることが原因で起こりますが、中には疾患が潜んでいたり生まれつきの不調がある場合もあるので、注意が必要です。

そのほか、親が幼い時におねしょをしなくなるまでに時間がかかった場合には、子供もおねしょが長引く確率が高いです。遺伝やアレルギーとの関連も指摘されています。また、幼稚園や学校でのいじめ、家庭不和などの心理的ストレスが原因の場合もあります。

おねしょ(もしくは夜のおむつがなかなか取れない状態)が長引いたり頻度が多い場合や、特に一度は半年以上おねしょをしない期間があって再びおねしょがみられるようになった場合にはまずは小児科を受診した方がよいでしょう。

おねしょ/夜尿症の影響

おねしょ・夜尿症自体は、命に係わる病気ではありませんが、子どもの精神的・心理的な影響はとても大きいことが問題視されています。多数の疫学的研究から、夜尿症の子は行動の問題を持っている確率が、他の子に比べて2-4倍も高いことが報告されています。たとえ月に1回くらいの稀なおねしょであっても、子どもの心は大きく影響され自己評価が低くなったりします。夜尿症のお子さんには、あせらず・怒らずに接してあげることが大切です。

おねしょ/夜尿症の一般的な治療

病院での積極的な治療がスタートするのは、一般的には小学校入学以降です。西洋医学での夜尿症の治療は、生活指導、夜尿アラーム療法や薬物療法が主に使われます。ICCS:International Children's Continence Society(国際的なこどもの排泄についての協会)で最も推奨されている治療方法は、夜尿アラームと抗利尿ホルモン製剤です。

1.夜尿アラーム療法
尿漏れを感知するとアラームが鳴る器具を装着する方法です。欧米ではよく利用されています。シート状になっていて寝具の上に敷くタイプと、下着などに装着するタイプがありますが、後者の方がよく使われています。単に子どもを起こすことでトイレに起きるようにしつけるということでなく、使用の結果、膀胱の容量が増大するという報告があります。有効率は約30-80%、治療中止後の再発率は6-66%と論文によって差があります。
この療法は、子どもがめざめるかどうかということにも依りますが、アラーム音で目覚めないお子さんも多いようです。その場合には、親が起こす必要があります。親御さんの忍耐と根気がいります。アラーム音で他の家族も目覚めてしまうということもあるので、導入するには家族の協力が必要ですし。ご近所への騒音、小さなお子さんのいるご家庭など、環境によっては使用するのが難しい場合もあります。保険は適応されないので、自費で購入しなければなりません。

2.薬物療法:主に、以下の薬剤が使われます。

?抗利尿ホルモン剤(デスモプレシン)

寝ている間に水分を体にとどめて尿があまりつくられないようにするはたらきがあります。日本では点鼻薬のみが使われていましたが2012年に経口薬剤が発売されました。副作用の水中毒(体の細胞に水分が過剰にたまって低ナトリウム血症が起きるなどの悪影響を及ぼす状態)を避けるために就寝2-3時間前から水分制限をする必要があります。有効率(夜尿日数が50%をこえて減少した場合)は海外の研究で60〜80%、日本では39.4%でした。海外では夜尿アラーム療法と併用して使われることもあるようです。

おねしょ/夜尿症/遺尿症

点鼻薬は鼻炎のお子さんでは効きにくくなるという欠点があり、命にかかわるような重大な副作用のリスクが経口薬よりも高いため先進国では夜尿症の治療薬として使われなくなってきています。イギリスでは、薬とヘルスケアの製品を監督する機関(MHRA:Medicines and Healthcare products Regulatory Agency)が、2007年4月に重大な副作用のリスクのためにデスモプレシンの点鼻薬を夜尿症の治療薬のリストから除外し、それ以後夜尿症の治療に使用されなくなりました。重大な副作用である低ナトリウム血症は主に過剰摂取や水分の摂りすぎと関係があり、デスモプレシンの点鼻薬は年間に100000人中15人・デスモプレシンの経口薬は年間に100000人中6人の割合で起こると報告されています。アメリカの食品医薬品局(FDA:U.S.Food and Drug Administration)も、2007年12月4日にデスモプレシンの点鼻薬の重篤な副作用について勧告し、夜尿症の患者への処方を禁止しました。それにより現在ではデスモプレシンの経口薬が使われています。デスモプレシンの副作用により低ナトリウム血症が起こると、てんかん発作・死亡などの重篤な副作用を招くかもしれないとのことです。FDAの発表によると、デスモプレシン(点鼻薬だけでなく経口薬も含む)の服用で低ナトリウム血症に陥った61名の内2名が死亡したそうです。61名の中、36名は点鼻薬を使用していました。そのうち25名は17歳以下でした。この25名のほとんどは夜尿症のため薬を服用していました。未だに使用している国もありますが、オーストラリアでは経口薬や舌下薬が効かなかった場合に使われるなど点鼻薬の使用には消極的になってきているようです。日本では、2013年にようやく経口薬が販売されるようになりました。

?三環系抗うつ剤

抗うつ剤による夜尿症への有効性は、日本の研究では43.1%,海外では50%前後と報告されていますが、服用を止めた場合の再発率も高いようです。日本での副作用の発現率は12.3%でした。副作用には便秘・排尿困難・短気・眠気・食欲不振・性格変化が含まれます。過剰摂取による死亡例もあるため、用法・容量を守って副作用に注意して服用することが重要です。重大な副作用のために、WHO(the World Health Organization)は夜尿症患者の抗うつ剤の使用を推薦していません。

?コリン剤

膀胱が過剰に活動しているケースでは膀胱の働きを抑制するので有効な場合があるようです。日本での副作用の発現率は4.8%で便秘・下痢・ドライアイ・口渇・吐気・味覚異常がみられたようですが、高用量の投与ではさらに高い確率で副作用が現れる可能性があります。薬剤の中止後にも副作用が出ることがあります。重篤な副作用が起こる可能性もあるので、用法・容量を守って注意して服用することが大切です。

薬物療法はおねしょをコントロールするために使われます。しかし、効果が出るお子さんもいれば薬を飲んでも変わらないお子さんもいるようです。薬によっては服用を止めると夜尿が再発したり、飲み続けるうちに効かなくなるということもあるようです。薬の副作用のリスクも考慮すべき点です。

カイロプラクティック治療

ヘルシーライフセントラルはお子様のカイロプラクティック治療に特化した治療院です。夜尿症のお子さまも積極的に受け入れいてます。

おねしょ/夜尿症/遺尿症

前述したように、排尿のシステムは複数の臓器が関わり複雑です。原因にもいろいろあります。多くの場合は’排尿システム発達の遅れ’が原因です。夜尿症には遺伝・体質など様々な要因が絡むので、治療期間は個人によって大きく異なりますが、排尿システムには神経の働きが深く関わっているため、カイロプラクティック治療によって神経の働きが高められると排尿システムの発達が促されることが期待されます。アメリカのカイロプラクティックの大学では、カイロプラクティック治療を受けた子どもの方が受けなかっら子ども(プラセボ)に比べて、おねしょの頻度が減ったことが報告されました。 カイロプラクティック治療を受けたグループは偽カイロプラクティック治療を受けたグループに比べ明らかに夜尿症の日が減ったそうです。小児カイロプラクティック専門の治療家が少ないこと、カイロプラクティックの治療には様々な種類 があること、夜尿症そのものがいろいろな要因が関わり個々によって重症度が違うことから厳正な研究を行うのは難しく、夜尿症とカイロプラクティック治療についての十分な研究はされていませんが、臨床上カイロプラクティックの有効性を実感している治療家や患者は少なくないようです。私自身、タイで数百人の子供達が暮らしている施設で夜尿症の子供達にカイロプラクティック治療を したところ、おねしょをする子がかなり減ったと施設のスタッフから感謝されました。日本でも夜尿症のお子さんを治療すると、おねしょの回数が減っていくことはよくあります。

カイロプラクティック治療の大きな利点は副作用がほぼないことです。何歳でも受けられるので小学校入学を待たずに解決のための行動をはじめることができます。また、西洋医学の治療と併用していただいても問題ありません。お悩みの方はお気軽にご相談ください。

よくある質問(クリックしてください。)
カイロプラクティックは危険ですか?
赤ちゃんがカイロプラクティックを受けても安全ですか?

おねしょ/夜尿症のお子さんをお持ちの方へ

お子さんがおねしょをするのは、決して'あなたのしつけができてないから'ではありません。
小学校に上がってもおねしょが止まらないと、終わりの見えない状況に大きな不安を感じる
   かもしれません。子どもさんの将来を憂うかもしれません。でも、まずはお子さんに
たっぷり愛情を注いでください。そして今できることをしていきましょう。
ヘルシーライフセントラルは、あなたを応援します。

ヘルシーライフセントラルではカイロプラクティック治療に加えて日常生活における細かなアドバイスもしています。こちらは主要なアドバイスです。ぜひ参考にしてください。

  • おねしょをした後の親御さんの表情・態度・言葉は子どもさんの心の成長に大きな影響を与えます。お子さんはおねしょをしたことで既に落ち込んだり申し訳なく思ったりしているかもしれません。お子さんがおねしょをしても絶対に、感情的になって怒ったりネガティブな言葉で叱らないでください。愚痴をこぼす事も避け、元気づけたり励ますようにしましょう。
  • 夜更かしは避け、早めに就寝させましょう。
  • 就寝直前に水分を摂らないようにしましょう。
  • 就寝前にTVを観たりゲームをするのはやめましょう。
  • 就寝15分前には、お子さんを静かに落ち着かせることが大事です。絵本や童話を読んだり、添い寝をしたりするのがよいでしょう。
  • もし、暗闇を怖がるようなら、子ども部屋のドアを開けておく、明かり(眩しすぎない程度のもの)をつけたままにしておくのもよいでしょう。

おねしょ、小学生のおねしょ、修学旅行、おむつ、とれない、おねしょ、おねしょ、おねしょ、眠れない, 頭の形、矯正、発達障害、学習障害、脳性麻痺、自閉症、障害、ADHD、多動、不器用、おねしょ、夜泣き、泣きやまない、ぐずる、中耳炎、産前産後のケア、カイロプラクティック、治療、整体、頭の形、矯正、発達障害、学習障害、おねしょ、夜泣き、中耳炎、産前産後のケア、整体

▲ページトップに戻る